チャンスは突然訪れる。
運命を変えるのは自分自身。

本当のゴールは長方形のコートの先にある。
挑戦はまだ始まったばかり。

LIFE HAS CHANGEDある日、人生が変わった

16歳の時、バスケットボールをまともにプレーしたことがなかった僕に、あるコーチが声をかけた。ドリブルすらろくにできない。恥をかくのが怖かった。

キャンプに参加して、ダンクを決めた。華麗に宙を舞ったわけではないけれど、みんなが認めてくれた。その日から僕の人生は変わった。

カメルーンを離れて3年間、一度も故郷に戻ることはなかった。毎日があっという間に過ぎて、気がついたら憧れの舞台に立っていた。

PHILADELPHIA WELCOMED ME町が僕を迎えてくれた

アフリカからアメリカに来ると、すべてが完璧であると期待してしまう。しかし、現実は違った。貧困や苦しみはここにもあった。

僕は長い間、ケガの痛みに悩まされていた。そんな時も、フィラデルフィアのみんなはずっと僕に力を与えてくれた。2年ぶりに試合に復帰した時、ブーイングの代わりに待ち受けていたのは大歓声だった。

この町は僕のプロセスを信じ、勇気づけた。今度は僕がみんなを支えられるように全力を尽くす番だ。

PROUD OF MY BROTHER自慢の弟

僕のNBA入りを一番喜んでくれたのは、弟のアーサーだった。僕を追いかけるようにバスケットボールを始めて、アメリカ行きを夢見ていた。

彼は、家にある物を困っている近所の子どもたちに分け与えていた。みんなが普通に暮らせるようになることを望んでいた。他人の人生に大きな影響を与えられる、自慢の弟だった。

弟の存在は、この地球にはもったいなかったのかもしれない。
僕がドラフトされた数カ月後に、弟は交通事故でこの世を去った。僕は弟のように、人々の人生を変えると誓った

BIGGER THAN BASKETBALLバスケットボール以上の意味

僕はチャンスをもらってアメリカに来た。NBAでプレーし、様々な経験を積んだ。
しかし、自分の人生はバスケットボール以上の意味がなければならない。

アフリカだけでなく、世界中でたくさんの子どもたちが苦しみを抱えながら生きている。計り知れない可能性をひめた、彼らの人生を変えたい。かつて、僕がそうしてもらったように。

共に歩む仲間はそろった。これから僕らはサプライズを起こし、より良い世界へ変えていく。