リカバリーで
アドバンテージを得る

ハードにトレーニングする。質の高い栄養を摂る。
当たり前のことだ。
トップアスリート達は今、
「睡眠」と「休息」に注目している。

多忙な現代社会において、
疲労と無縁で過ごせる人は皆無。
ましてやアスリートとなると、
疲労は死活問題だ。
どれだけ鍛え抜かれた身体をもつアスリートにも、
疲れは必ず生じる。
日々のトレーニングやゲームで生じる疲れを、
適切なリカバリーで日々解消することが、
パフォーマンスアップにつながる。

アイテムを見る

TECHNOLOGY

  • 1 身体が熱エネルギーを
    発散
  • 2 ミネラル配合の
    ファブリックが
    その熱エネルギーを吸収
  • 3 熱エネルギーを
    遠赤外線に変換
  • 4 より良い回復をサポート
ゲームやトレーニングで傷ついた筋肉が復元されるのは、
睡眠時や休息時、そしてアスリートにはつきものの移動時など。
パフォーマンスを左右するのは、この時の過ごし方だ。
ポイントは血流。身体を温めることで血流は活発になり、
体温が保たれ、筋肉に多くの酸素が供給される。
それがリカバリーにつながる。
我々が開発した「UAリカバリーウェア」。カギはマテリアルにある。
特殊なバイオセラミック素材「セリアント」を織り込んだ裏地が、身体の発する熱を吸収。
遠赤外線に変換し、身体に返すことでリカバリーを促す。
同時に、生地の肌触りの良さにも配慮。着用のストレスを感じることなく身体を回復させたいアスリートのために開発された商品だ。
今回我々は、ゲームやトレーニング中に運動効率を
高めたいアスリートにRushを、ゲーム後や
トレーニング後にダメージの回復を最大限にしたい
アスリートにTravel、Sleepを用意した。
トレーニング時、ゲームタイム、睡眠時そして移動時。
アンダーアーマーは、アスリートの24時間365日を支える存在となる。

ATHLETE’S VOICE

岡本 和真(プロ野球)
シーズン後半など、疲れがたまるほど寝つきも悪くなっていた。UAリカバリーウェアは着心地が良いせいか、着るようになってから寝つきも良くなったし、成績も徐々に良くなっている。朝起きたときに筋肉の張りを感じることも減った。
吉川 尚輝(プロ野球)
UAリカバリーウェアを着ると寝つきだけでなく目覚めも良くなった。生地が薄いのに体温が下がらないのもいい。身体のケアを一番に考えたいので特に睡眠時間は大切にしたい。結果を出すためにも、着ることがプラスになるなら絶対着る。
山田 章仁(ラグビー)
リカバリーもトレーニングの一部。24時間トレーニング。UAリカバリーウェアは着心地が抜群にいい。着た瞬間からリカバリーが始まっている感じもする。疲労の回復が早いとトレーニングでの集中力が上がり、効果がかなり高まった。
岩出 玲亜(マラソン)
パフォーマンスに直接影響するので、睡眠の質は常に意識している。マラソンは特にリカバリーが重要。UAリカバリーウェアはとにかく着心地が良い。着ていて気持ちがいいと寝つきもいい。ストレスなく気持ちよく眠れていると感じる。