スポーツをやりたくてもできない子どもたちがいる
スポーツを諦める若者たちがいる
この国に、見えないが確かにある「スポーツの壁」

アンダーアーマーは、アスリートとともに
この壁に立ち向かう

誰もが、記録や自分の可能性といった
「本物の壁」に挑戦できるように

Read More

スポーツをやりたくてもできない若者たちのために、
彼らが直面する「スポーツの壁」を突き破ることに取り組んでいます。
スポーツには人生を豊かにする力があります。

スポーツは健やかな身体づくりに役立つだけではありません。
スポーツは自己肯定感を高め、ストレスを軽減し、メンタルヘルスを改善します。
そして、仲間との絆、社会とのつながりをもたらしてくれます。

しかし今、世界を見渡すと何百万人もの若者が
スポーツをやりたくてもできないという現実に直面しています。
日本も例外ではありません。

経済的に、スポーツをやる余裕がない
やりたい競技があるが、女子チームがない
練習が厳しすぎて、続けられない
ボール遊びができる公園がない

貧困、ジェンダー格差、身体的偏見、人種差別、プレイ環境不足、勝利至上主義、
あらゆる「スポーツの壁」が若者たちの前に立ちはだかり、
彼らからスポーツをする機会を奪っているのです。

私たちは、これらの「スポーツの壁」をアスリートとともに突き破りたいと考え、
いくつかの長期的な取り組みを始めています。

NBAのステフィン・カリー選手と設立したカリーブランドでは、
2025年までに少なくとも世界に20の安全な遊び場をつくり、
若いアスリートを導くために125のプログラムをサポートし、
15,000人以上のコーチを育成する機会を提供すべく活動を続けています。

スポーツを必要とする者にとって、「スポーツの壁」は不要不急の課題ではありません。
誰にでもスポーツを楽しむ権利があると、私たちは信じています。

有名になって、
女子野球を盛り上げる

濱嶋葵選手(12)が挑む壁

女子初のジャイアンツジュニア選出。
だが、目指していた女子プロ野球リーグはなくなった。

女子野球を人気スポーツにするために
彼女は今日も投げ続ける。

#女性スポーツの壁 #偏見の壁

支えてくれた家族のために、
プロになる

山内ジャヘル琉人選手(19)が挑む壁

1歳でアメリカから沖縄へ。
肌の色をからかわれ、落ちた日もあった。
母の苦労を思い、泣いた日もあった。

だが、山内は高校日本一を果たす。
これはバスケに人生を賭けた若者の物語。

#人種の壁 #経済の壁

キーパーは身長だけじゃない

冨澤拓海選手(25)が挑む壁

「その身長じゃプロのGKは難しい」
何度そう言われたかわからない。

だが諦めなかった。
海を渡り、自らの可能性を切り拓く。

#身長の壁 #常識の壁

ボクシングへの偏見を
突き破る

加藤光選手(20)が挑む壁

東京五輪で脚光を浴びた女子ボクシング。
だが、まだまだ世間の理解は浅い。

若き全日本ライトフライ級王者は
ボクシングの魅力を伝えるために戦い続ける。

#女性スポーツの壁 #偏見の壁

パラ陸上が
特別じゃなくなる日まで

湯口英理菜選手(21)が挑む壁

最初は競技用義足が恥ずかしかった。
でも、走ってみたかった。跳んでみたかった。

「誰だってスポーツを楽しむ権利がある」
日本で一人しかいない両足義足のジャンパーの挑戦。

#パラスポーツの壁 #経済の壁


最新情報をチェック

会員登録はこちら

アンダーアーマー公式アカウント

アンダーアーマー公式アプリ

※google playおよびgoogle playロゴは、google Inc.の商標です。
※AppleおよびAppleロゴは米国その他の国で登録されたApple Inc.の商標です。Apple StoreはApple Inc.のサービスマークです。