偉大さへのあくなき挑戦

ただのスポーツではなく、我々の人生
フィールドではなく、祖先の大地
ファンではなく、我々の家族
ジャージーではなく、我々の皮膚
勝つか負けるかではなく、
栄光のために献身できるかどうか

これがウェールズのラグビー

イギリス南西部に位置する、人口300万人の「小国」
だが、勝利を重ね、世界ランキング2位まで登りつめた
誇り高き「レッドドラゴン」は、
次なる戦いで初の頂点を見据えている

ABOUT WRU
誇り高きウェールズラグビー

ウェールズとは
英国を構成する4つの地域(ウェールズ、イングランド、スコットランド、アイルランド)の一つで、グレートブリテン島の南西部に位置する。人口は横浜市よりも少ない300万人ほどで、面積は四国よりわずかに大きい程度。
かつては石炭をはじめとした豊富な地下資源を産出し、英国の産業革命を支えた。現在では重工業に加えて、観光業も発展している。スポーツではラグビーとサッカーの人気が高く、特に世界的な強豪であるラグビーは国民の誇りとなっている。
ウェールズラグビーの歴史
1881年にイングランドと初のテストマッチを行なっており、100年以上の歴史を持つ。チームの愛称はレッドドラゴン。1970年代、才能豊かなバックス陣を中心に黄金時代を築いた。多彩なパスとランニングを駆使した展開の早いラグビーが伝統。
シックスネイションズでは過去3回のグランドスラムを達成しているが、ワールドカップでの成績は1987年の3位が最高。世界ランキングは現在ニュージーランドに次ぐ2位で、今回のワールドカップでは初の王者を目指す。
ウェールズ代表ジャージ
デザインの由来
ユニフォーム前面にある濃淡2種類の赤色による切り返しのデザインは、代表の名の下にウェールズの各地域が統合していることを象徴している。また、中世の偉大な統治者であったルウェリン大公の紋章や当時の鎧(アーマー)に施されていたメッキ加工、ウェールズでは誰もが知っている『Bread of Heaven』という賛美歌の一節などからもインスパイアされたものである。さらに、このデザインを形作っている2本の横線は、水平から18.81度角度がついており、その「18.81」という数字は、ウェールズラグビー協会(WRU)が設立された1881年に由来している。
注目選手
ジョージ・ノース BK(ウィング)27歳
194㎝109Kgの恵まれた身体を生かしたダイナミックな走りが持ち味の巨漢ウィング。ハイボールにも強く、多彩な得点パターンを持つ。若くして代表入りし、2011年、2015年のワールドカップに出場。ウェールズ代表で最も若くしてトライを決めた選手。2013年には、英国4地域の代表である、ブリティッシュアイリッシュライオンズにも選出されている。

WRU Official Licensed Items

ラグビーウェールズ代表の情熱と伝統をデザインで
表現したオフィシャルアイテム

UAウェールズ代表
ライバルフーディー
(ラグビー/パーカー/MEN)

UAウェールズ代表
ライバルフーディー
(ラグビー/パーカー/MEN)

UAウェールズ代表
グラフィックTシャツ
(ラグビー/Tシャツ/MEN)

UAウェールズ代表
ライフスタイルダッドキャップ
(ラグビー/キャップ/MEN)

UAウェールズ代表
エクスパンダブルサックパック
(ラグビー/サックパック/MEN)

UAウェールズ代表
ライバルフーディー
(ラグビー/パーカー/BOYS)

UAウェールズ代表
グラフィックTシャツ
(ラグビー/Tシャツ/BOYS)

アイテム一覧を見る