2017
02.20 [Mon]    ラグビー 木津武士選手、立川理道選手契約のお知らせ
CATEGORY : INFORMATION

アンダーアーマーを日本で展開する株式会社ドーム(本社:東京都江東区、代表取締役CEO:安田秀一)は2017年2月 20日付けで、ラグビーの木津武士選手(ジャパンラグビートップリーグ 神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属、 フッカー)、立川理道選手(ジャパンラグビートップリーグ クボタスピアーズ所属、センター)とオフィシャルパートナー契約を締結したことをお知らせします。

私どもは、木津選手、立川選手に対してアンダーアーマー商品や、当社が展開するサプリメントブランド「DNS」の商品を提供するほか、当社が運営するアスリート専用トレーニングジム「ドームアスリートハウス」でのトレーニングによる肉体強化を行うなど、両選手のパフォーマンスアップをトータルでサポートしてまいります。

今回契約に至った理由として、木津選手、立川選手が名実ともにトップクラスの選手であることはもちろん、両選手に私どもの会社理念である「スポーツを通じて社会を豊かにする」に賛同いただけたこと、また私どもが掲げる「スポーツの産業化」、「スポーツ市場拡大」の実現に向けて、ともに手を携えていくことのできる存在であることが挙げられます。

木津選手、立川選手には、アンダーアーマー・ラグビーを象徴する存在となっていただくとともに、パワー系アスリートの顔として「フィジカル」を象徴する圧倒的なパフォーマンスでラグビーをプレーする多くの少年少女の憧れとなるよう期待しています。

■木津武士選手からのメッセージ

アンダーアーマーとともに進化し、2019年ワールドカップではスターティングで出られるように頑張りたいです。

大阪府東大阪市出身、28歳。183センチ、115キロ。
フッカー。
祖父、父の影響で小学校・中学校時代は相撲に打ち込んでいたが、中学校2年生の時にラグビーを始め、大阪・東海大学付属仰星高校時代に全国高校ラグビーフットボール大会で優勝を経験。東海大学でも全国大学選手権で3年時は準優勝、4年時にはベスト4を経験。2009年に大学生ながら、日本代表初キャップを獲得。2011年、神戸製鋼にプロ契約で加入。2015年のラグビーワールドカップ2015にも選出され、4試合に出場。2016年、2017年とサンウルブズのメンバーとして、スーパーラグビーに参戦している。

SNSアカウント

instagram:@kizu02
Twitter:@takesu02

■立川理道選手からのメッセージ

ラグビーをさらにメジャーなスポーツにできるよう、アンダーアーマーとともにラグビーの良さを日本の人たちに伝えていきたいです。

奈良県天理市出身、27歳。181センチ、94キロ。
センター。
幼少期よりラグビーを始め、奈良 天理中学・高校と進み、高校時代にラグビージュニア世界選手権に出場。
その後、天理大学に入学、3年時に35年ぶりに関西大学リーグを制覇。翌年は、自身が主将となり、関西大学リーグ制覇、全国大学選手権準優勝を経験。2012年、クボタスピアーズに加入。加入早々、代表に選出され、2012年アジア 5か国対抗で初キャップを獲得すると、その後はセンターとしてキャプを重ねている。2015年のラグビー ワールドカップ2015にも選出され、4試合に出場。2016年、2017年とサンウルブズのメンバーとして、スーパーラグビーに参戦している。

SNSアカウント

instagram:@harumichi1202
Twitter:@harumichi1202