プリンストン大学 タイガース

関西学院大学 ファイターズ

プリンストン大学 タイガース

米国カレッジフットの『レガシー』 米国北東部に所在する世界屈指名門私立8校からなるIVYリーグ。ハーバード大、イエール大に次いで3番目に建学されたプリンストン大は、現在、全米大学ランキングで1位の評価を得る超エリート校である。フットボールにおいては、1869年にラトガース大と現在のフットボールの原型となる試合をはじめて行った『ルーツ校』として知られ、1950年までに全米王者に28回輝いた。この記録は最多全米王座記録として未だ破られていない米国カレッジフットの『レガシー』だ。現在NCAAディビジョン1 FCS(Football Championship Subdivision/旧NCAA1AA)に所属するIVYリーグにあって、2014年は5勝5敗(内4勝3敗)でIVYリーグ4位。しかし、前年の13年はスコアリング(平均43.7点)、トータル攻撃(平均511.6ヤード)でリーグ歴代記録を更新した攻撃力でハーバード大と同率優勝を果たしている。

QUICK FACTS

関西学院大学 ファイターズ

日本フットボール界のリーダー 関西学院大学ファイターズは1941年に関西3番目の大学チームとして誕生。1949年に関西学生を初制覇し、初出場した甲子園ボウルで慶應義塾大に快勝。以来、関西では京大、立命、関大、関東には日大、法政といったライバルの出現がありながらも、関西学生リーグ優勝54回、甲子園ボウル優勝27回と、いずれも最多優勝を誇るリーダーだ。2011〜2014年度は甲子園ボウル4連覇を果たし、日本選手権ライスボウルで社会人王者に肉薄。サイズ、フィジカル、経験に長けた相手を戦術で翻弄するのが得意である。プリンストン大とは2001年3月、関西学院111周年・ファイターズ創部60周年記念試合で対戦。終盤に逆転しながら終了直前に再逆転FGを許し25対27と惜敗したが、この試合を経験した2001年度のチームは関学史上唯一の日本選手権ライスボウル覇者となった。ファイターズにとってレガシーボウルは2014年度の集大成と2015年のスタートとして重要な一戦になる。

QUICK FACTS

ファイターズ注目選手

RB 28 | 鷺野 聡(4年) 『Challenge』の集大成を懸ける闘将バーサタイル・ランナー 2014年度学生年間最優秀選手賞『チャック・ミルズ杯』受賞。1年時から主力として出場を果たし、2年時の2012年にはアンダー19日本代表を主将、そしてエースRBとしてけん引。第2回アンダー19世界選手権3位へと導いた。『Challenge』(チャレンジ)をスローガンに標榜した昨年は、OL陣が下級生中心の陣容にも関わらず、抜群の加速力でビッグプレーを量産。リーグ戦44回走380ヤード(平均8.6ヤード)7TDで関西学生リーディングラッシャーとなった。オープンプレーのスピードと、密集をすり抜ける巧みなステップワークで、オールアイビーリーグ選出選手を擁するプリンストン大守備フロントに挑む。

強肩に足を絡めたパスで守備を翻弄する 地肩の強さを武器にしたロングパスと、リスクを徹底的に回避した堅実なクォーターバッキングができる、日本学生界のトップQB。2014シーズンはランも武器に加えた。守備のラッシュを走力でかわしながら投げるパスは、レガシーボウルでも攻撃の柱となりそうだ。

スピードで大型DBに挑む活躍必至のフィジカル派WR 177センチ81キロと大型で、40ヤードを4秒55で駆け抜けるスピードを持つ。ライスボウルでは、ロングパスはもちろん、レシーバーの位置からのオープンのランや、スクリーンパスで社会人王者の富士通に対抗する切り札となった。レガシーボウルでも活躍必至の存在だ。

若き関学守備を支える『タックルマシーン』 1年時から先発出場し、社会人のランナーを仕留めるタックルの実現を目指してきた。ライスボウルでは、2010年IVYリーグMVPの富士通RBジーノ・ゴードン(ハーバード大)に煮え湯を飲まされただけに、レガシーボウルに自らの雪辱と、取り組みの集大成を懸ける。

インフォメーション

HUDDLE MAGAZINE(ハドルマガジン)でLEGACY BOWLをもっと楽しもう 現在発売中のアメリカンフットボール専門デジタル雑誌HUDDLE MAGAZINEプレ創刊Ver.0.5(定価600円)では、2015年度関西学院大主将・副将・中心選手8名のLEGACY BOWLに臨む意気込みから、プリンストン大中心選手の情報まで、さらに詳しい見どころを掲載しています。関学大の中心選手については、動画リンクで昨シーズンの活躍ぶりをご覧いただけます。是非、観戦前にご一読ください。体力と闘争心、戦略・戦術とチームワークを駆使して勝利を目指すアメリカンフットボールは、『究極のスポーツ』と形容されています。ハドルマガジンは80年の歴史を誇る日本のアメリカンフットボールを中心に、競技の魅力を迫力ある写真と掘り下げた取材記事、そして臨場感あふれる動画を駆使してお伝えする新感覚デジタルマガジンです。

購入サイト
  • Fujisan マガジンサービス
  • MAGA ストア
HUDDLE MAGAZINE
  (ハドルマガジン) アメリカンフットボールの魅力を
  写真と記事+動画リンクで伝える
  新感覚デジタル雑誌

Copyright©2015 DOME Corporation.All Rights Reserved. No imagery or logos contained within this site may be used without the express permission of DOME Corporation.